2007年09月14日

最近の思うこと

安倍さん辞めちゃいましたね。

個人的には悪くないと思うのですが・・・「政治とカネ」に対しての国民の怒りを甘くみていたのが原因でしょうか。

国内だけではなく、海外も・・・聖域無き構造改革は「権利を持つもの」にとっては邪魔なだけです。

もっと「弱いの立場の人」に配慮した政策を平行してやる事。
身内の不祥事に厳しくやる事。

これが出来れば、辞任は無かったかも。

この辞任に喜んでいるのは案外「権力者」かもしれません。


と、サッカー(ロッソ)に関係ない話のようですが・・・
今後の(J参入後)事を考えさせられるので、備忘録のような感じで書いてみたいと思います。


今回の首相の辞任騒動はいろんな理由で波紋を広げているわけですが・・・私が着目したのは

「任命責任」

の部分です。


ロッソは兼ねてより「熊本を盛り上げる県民運動の一環」というフレーズでここまで運営されて来ました。

つまり県民の為の県民のチーム(のはず)なのです。

私自身は「ロッソを強くするのはフロントではなく、自分達だ」という認識で居ます。

だからこそ、これまでにも様々な問題点を書いてきたワケです・・・(ここに書ける事は70%。チームの事を考えると言えない話もあるわけで。(^^;)


先日YKKに負けた事で「懸念の声」がまた大きくなっていますね。

先日の記事にも書きましたが、試合結果に一喜一憂する人がまだまだ多いですよね。でも勝っても負けても好きだから応援するわけですよ。

問題の本質と言えるかわかりませんが・・・

私はロッソに「とにかく勝て」と言っているワケではないんです。

「勝つために最善の策を模索し、努力している」

これでいいんです。


これが見られない部分に関しては超辛口にならざるを得ないという事。


見られない部分・・・もう今さらいいですね。(笑)


ここで「任命責任」が出てくるわけですが。

フロントはロッソサポの選挙で選ばれたワケではありません。
しかし、これまで熱意と努力で他の地域からJを目指すチームの目標とされるようなチームにしてくれています。そして当面の目標クリアも間近。

これには本当に感謝です。

「恩は与えるものではなく感じるもの」という言葉があります。そうしたものは感じつつ、フロントへの私の唯一の注文になるのでしょうが・・・どうか前述したように「勝つ為に最善だった」と思わせる人事をお願いしたい。
それにより選ばれ、ロッソに来た現場の選手スタッフには「勝つための努力。向上心」を見せていて欲しい。

情に流されない健全な組織・・・

プロとは時に身を削るようなシビアさが求められるもの。

これが出来る組織こそは全ての人のハートを掴むはず。


それさえあれば、ロッソは永遠だと思います。



あっ。



YKK戦の第2回忘れてました。(汗)
安倍さんの辞任問題でここまで考える私っていったい・・・
ゞ( ̄∇ ̄;)


でも次は金沢戦になります。(笑)

(ちなみに酔ってませんよ:笑)
posted by Yama at 03:09| 熊本 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | ロッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか深いお話ですね。

人の上に立つことの難しさ。
集団をまとめることの困難さ。

せめて
孔明のような「軍師」がいれば・…
Posted by shimo at 2007年09月14日 11:19
お久しぶりです。


「首相」と「監督」の任命に当たっては、“国民不在”で話が進んで行くものの様です(笑)。


Posted by ばっしー at 2007年09月14日 21:26
久しぶりですm(__)m。


『泣いて馬ショクを斬る』みたいな事も必要って事なんですかね…。
Posted by サッカー小僧 at 2007年09月15日 00:04
志があったとしても
それを成し遂げる能力がない人がトップにたつと苦労するものですね。
なんちゃってw

国民は首相の交代を何度も経て
どういう人が首相にふさわしいか少しずつ学んできていますが
ロッソはまだ監督交代の経験をしてませんよね。
経験値という意味ではこれからですね。
Posted by ナイト at 2007年09月15日 00:57
>shimoさん
深いですか?(^^;

「プロは結果」ということの本質は何なのか?

それについて思うところです。

どうも今のロッソを取り巻く状況は「Jに上がりさえすればOK」という論調になりすぎて居ると思うんですよね。

その目標に向かう「過程」こそ一番見るべきではないのかなと・・・(^^;


>ばっしーさん
やっぱりですか( ´△`)

そして真剣に考える人は不満が溜まるっと。(笑)


>小僧さん
ご無沙汰してます。(^^;

泣いて馬食(?)を切るって言うのは良い表現ですね。

これまでも何人もの選手が「ロッソでプレーしたい」にも関わらず、その思いが叶っていません。
それを考えると特定の誰かが特別扱いを受ける事はあってはならないと思うんです。

よりベターな選択肢があればそれを迷わず選択する知識と行動力が問われます。


>ナイトさん
そうですね。ロッソサポは「慣れていない」という事は言えます。
チームを強く出来ない監督であれば交代が当たり前。それがピンと来ないのでしょう。

例えば今が50点とするならば、本来60点、70点の監督を連れてくるべきです。
しかしこれまでの風潮は50点でも結果さえ出てればOK的なものがはびこっています。

この意識をみんなで変えない限り、向上心のレベルは低くなり悪しき習慣として残っていく・・・それが怖いところです。
(>_<)

Posted by Yama at 2007年09月15日 14:06
はじめまして、盤南無といいます。
ツエーゲン金沢に負けてしまいましたね。
戦力的に絶対に負けることのない相手へのまさかの敗戦にすごくショックを受けました。
それと同時にやはりロッソを今の監督に任せることはできないと確信しました。
もちろん全て監督のせいというわけでなく、フロントも含めてですが。。
Posted by 盤南無 at 2007年09月16日 21:54
>盤南無さん
初めまして。(^^)

どういう試合だったのかはこれから記事にUPしますが・・・この試合を見てまだ監督擁護するんであれば、その人はバカです。
と、ここまで言い切っても良いくらいの酷い試合でした。(- -;)




Posted by Yama at 2007年09月17日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。