2007年08月05日

栃木戦

勝ちましたね!
吉井のヘッドの瞬間・・・鳥肌立ちました。(*´∇`*)


あっ、先日の記事に「1−1」と書いていたのですが、見直したら2−1で勝ちとしてました。(^^;

これでアローズ戦の負けをチャラ。再び安泰モードに入ったと言っていいでしょう♪

さて、その栃木戦ですが・・・

ネット上でも挙げられていたように、柱谷監督はしっかりロッソのお粗末な部分をわかっていました。

非常に怖い相手。

という認識だったのに、いざ試合が始まると「怖さを感じないチーム」であり、ロッソの得意なジャンルの相手になっていましたね。


その理由はいくつかありますが
・新戦力との連携がやはり不十分だった
・ロッソの良さを消す事に意識が集中しすぎて、積極的な個のプレー、アイデアが出なかった。

こうした事が大きいと思います。

ここまでの2戦に勝ってきたことで
「ロッソにも勝てる」
という自信があったはずですが、そこには「監督のいうプランをやれた場合」という限定条件のような心理が働いていたのではないかと。

ロッソに当てはめると、「サイドを使う」「ボールを失わないようにする」事だけになってしまうとグダグダな試合になるように・・・栃木もロッソの良さを消す事だけに集中してしまった。

ゴールをガムシャラに狙ってくるプレーがなくなり、結果相手にとっては怖くなくなる。

そういう事だったように見受けられます。


得点シーンですが褒めるところ満載です。
まず交代で入った斉藤のトリッキーな前に攻めるプレーに栃木DFがやや混乱しました。

北川→斉藤→北川という具合に入れ替わりながらパス交換。

この時斉藤が前のDFを抜きに掛かる姿勢を見せたことで、北川がフリーな状態に・・・
そこへパスを出して、北川が見事なクロスボール。
「速くて低い」というロッソにおいては必要最低条件を満たしたボールがゴール前に入ります。(普段良く見られる山なりのボールなんて、高さで勝負できないロッソの攻撃陣においてはナンセンスなのは過去から申している通りです)

そこにボランチの吉井がゴール前に入り込みながら頭で合わせてゴール!!!

高橋がDFを引き付けていて、空いたスペースに走りこんだ吉井。
双方とても良い動きだったと思います。

栃木はそれまで対ロッソ対策お約束の「2TOPをマークする」事で危険なシーンはほとんど作らせていませんでしたが、このように
北川が右サイドへ
吉井がゴール前へ
そんな流動性が生まれた事でこんな素晴らしいゴールシーンを作ることが出来ました。

やはりこうした連動性を磨く事の重要性を露呈したとも言えますけど。

スペースを作る。使う。そのような動き。

これをやらなくては!

です。(^^)



この試合、お互いにボランチが機能しない事から双方攻め手に欠くという流れで終始ゲームが進みました。
栃木が中盤から追い越す選手が居なかった事で、FWのポストプレーも機能せず・・・せっかくロッソにボールを持たせてカウンターを狙っても上手く行くはずも無く。

ロッソもロッソで相手が引いた場合でも相変わらず2タッチ以上のプレーが多く、決定的な場面は全く作れず。


「J参入」を考えれば非常に大きな勝ち点3である事は間違いないので、これは素直に喜びたいですね。


しかし、こんなサッカーやってるうちは小森田や山口は活きないよなぁ・・・
( ´△`)
posted by Yama at 13:54| 熊本 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ロッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^-^)栃木試、テレビ観戦で楽しみました。勝利バンザ〜イでした。毎回、子供とロッソの試合結果が気になってチェックはしてますが、いつか生観戦したいと… 暑い中の応援、熱中症などに気をつけて頑張って下さい(*^o^*)/
Posted by イチゴ at 2007年08月06日 09:23
観戦そして応援お疲れ様でした。

栃木…わたしの予想では「今最も勢いのあるチーム」と称していただけに、ちょっと拍子抜けというか「怖くないチーム」という印象は管理人さんの仰る通りです。

悪い時のロッソを見ているかのようでした。

しかし栃木のチーム自体グッドチームですし現順位より上がる可能性は多大にあるかと思います。

ま、他チームの評価はこの辺りにで終わりまして前半スタメンでの小林陽…もうちと仕事させたかったという印象があります。
ロッソ自体FWの裏をとる動きに対して「感じている」あるいは「連携」に足りない点があるかと思いますね。
よって、ボランチやFWの構想から選手が限定されつつある状況になっています。
これは意図的ではなく、自然とこのような流れになっていますね。
いわば、2トップに高橋・北川の柱が確立されつつあるということです。

この確立されたチームとしてのメリットは大きい(ロッソサッカーの確立)のですがデメリットとしてバリエーションの少ないサッカーという点で懸念が想定されるでしょう。

なにはともあれ、今回の勝ち点「3」は今後に繋がる嬉しい勝利でした。
横河戦も安定感のあるサッカーを期待したいですね。
Posted by gg at 2007年08月06日 12:49
勝ち点3を稼げて何よりでした(汗)

もう、間違いないでしょう?昇格(まだまだ?)
一日も早く決めてほしいものです。
今度からの練見が違ったものに見えそうですが
強くなる「要素」はあるんだから
現実にして欲しいです。

個人的には
1トップ2シャドウが見てみたい。
右は祐一で…と。
ボランチには武とコモを…。
Posted by shimo at 2007年08月06日 12:56
>イチゴさん
激励ありがとうございます。(^^)
これから1戦ごとに大事な試合になりますので、よろしければ是非スタジアムにも足を運んで見てください。


>ggさん
仰るとおりです。
「活かされるタイプ」の選手が機能せず、その結果、周りを活かすのが上手い選手も機能しなくなるという状況があります。

野球で言えばクリーンアップ(3番〜5番)の選手ばかりを使っている為に、1番2番タイプが活きない・・・

弱い時の巨人と全く同じですね。(笑)


>shimoさん
もう大丈夫・・・だと言いたいですが、まだ先日書いたとおり「8月の試合の残り2試合で1勝」をノルマにしておきます。

実際の勝ち点ではここで連敗してもまだまだという感じですが、その後に控える試合がHONDA、佐川という事もありますからね。


1TOP2シャドーは確かにロッソに足りないものを生んでくれそうなシステムではありますね。
3バックならば適材適所に上手く選手も使えそうです。

でも決め事が・・・(笑)
Posted by Yama at 2007年08月07日 19:49
ノルマの「1勝」クリアですね。
ぼちぼち『確定』といきませんかね?

前半と後半で違うチームになったかのような試合でした。現地組からは「横河のゲームだった」「それをモノにしたのはでかい」と電話が入りました。

「強いrosso」はまだ見れそうにないですね・・・
Posted by shimo at 2007年08月12日 08:52
>shimoさん
私の中では確定しました。(笑)

ちなみにロッソは充分に強いチームですよ。
ただ練習内容や選手の使い方を見ると「100%の力」を出しているか?という点で激しく???なワケで・・・

何かの代表チームではないのですから、肩書きや経験に捉われない選手起用を行い、ロッソならではの連携(戦術)が見られれば・・・

と切に思います。(-ω-)/


Posted by Yama at 2007年08月14日 06:49
残暑お見舞い 申し上げます 元気ですか\(*^▽^*)ハーイ 書き込みが無いから心配しておりますロッキー
Posted by ロッキー at 2007年08月21日 01:36
>ロッキーさん
ご心配のコメントありがとうございます♪
最近忙しい事もあって、精神的にいっぱいいっぱいなんですよ〜( ´△`)

でも今年になって、様々な問題点を考えてくれる人(ブログ)が増えてくれたのでいささか手抜き気味なのはありますね。(笑)
「思うところ」はありますので、その辺でも近いうちにUPさせてもらいます。

まだまだ暑いのでロッキーさんもお体には気を付けて下さいませ。
(^^)
Posted by Yama at 2007年08月22日 11:15
v(^-^)よかった…?…安心しましたロッキーは元気が有り過ぎくらいだよ ハハハ…(~▽~@)♪♪♪ 元気な訳は 毎朝アリナミンを一日一回飲んでいるからだよ〜 アリナミンを飲んでから四年に成ります 毎日が快調で 人生は楽しく行かないとね やまさん お心づかい 有難う これからも幸福でありますよう 心から応援して行きたいと思っています…ロッキー
Posted by ロッキー at 2007年08月24日 11:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/50368912

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。