2006年10月31日

続・SC鳥取戦

というわけで続きです。


ところで皆さんロッソに何を求めてます?

J参入?目の前の試合に勝つ?熊本のサッカーの盛り上げ?

人によって捉え方が違えば、考え方も変わりますよね・・・


この試合。まず栃木戦のような、グダグダ感は無かったですよ。選手一人一人は気持ちも感じられて、こちらが「応援したい」という気持ちになる雰囲気は出てました。

ただ悲しい事に、これまで「一緒にやってきた」とは思えない・・・
まるで代表チームのように、「寄せ集めか?」のような連携の無さ。

鳥取の方は失礼ながら個々の力ではかなり見劣りする印象。スピード、持久力といった走力の弱さが目に付きました。

ロッソは・・・先ほども書きましたが、熊谷も鈴木勝もこれまでよりも見違えるほど「前」への意識は感じられました。それでも急造(あえて言う)3バックは、ロングボールを蹴った後が他人事のようで・・・押し上げのスピードが遅いのです。相手FWに簡単にパスを通させる理由として、ボランチとDFの間が開いてしまうという事もあったので、ボランチばかりを責められないですね。


さて・・・いろいろ外野がうるさいですが、問題点について。(笑)

まずピッチに立つ選手について。
栃木戦でも言いましたが、風や日光など「条件」を利用した工夫が足りないと感じます。昨日も後半は風下なのに高くボールを上げてしまって、味方の処理を難しくしていました。

それからプレーの選択肢が少ないですね。フリーキックにしても、クロスの質にしてもどの試合においても変わらないワンパターンぶりが目に付きます。
例えば鳥取はFWに高さが無いので、クロスは「DFラインとGKの間のスペース」に「速くて低いボール」を入れてきていました。

うちは・・・

前から言ってますが、ゴール前に入るのが早過ぎなので、クロス「が」ゴール前に合わせなきゃいけなくなります。普通はクロス「に」合わせるなのですが・・・と、それはいいとして、そんなTPOを考えたプレーの選択が望まれますね。


それから、本番の監督采配。


3−5−2・・・えぇ・・・別にいいですよ。それは。

ただし。

前から言ってるように、3−5−2には3−5−2の。4−4−2であれば4−4−2の「チームとしての動き」があるんです。同じ3−5−2でもDFのカバー、サイドの選手のプレーエリア、ボランチの意味、等等いくつもの戦術に応じた動きが求められます。
それをやらずして変更するという事に意味を感じられません。「使い分け」の意味です。

今のロッソは3バックだと2トップに対して数的有利を作れる守備的な布陣。4バックは両サイドが上がる攻撃的な布陣。この二つしか見えないし、聞こえてきませんね?

動きの練習自体、去年は地域決勝前の10日間くらい。今年は後期に入った頃の2週間くらいでしょうか?

それだけで、他チームに脅威を与える攻撃が出来るはずはありません。いろんな攻撃に守る術を身に付けられるはずもありません。

味方との連携を高める基本は、毎日の練習での中で「味方がどう動くのか?」をお互いに確認していく事だと思います。サッカーにおいては目まぐるしくシチュエーションが変わります。その中で究極なのは「見なくても、OOがOOに走りこんでるのがわかる」状況でしょうか。

これだけ、システム、メンバーを変えるのであれば、尚更その「戦術的な決まり事」が大事になるのに・・・選手起用も含め、練習でも試した事の無いような事を平気でやるのは何故なんでしょう。

昨日の試合・・・リードされた後のベンチからの指示の声・・・

DFがボールを持つと「前に蹴れ」「前に合わせろ」そればかり。

守りを固めて、ロングボールで攻めるというのはつまらないけど、立派な戦術です。けれど、これは戦術でもなんでもありません。

それで「気持ちが・・・」とか「次に繋がる」なんて言われても・・・


もうこんな話を今さらするのもナンセンスな状況になりましたが・・・
結果だけを見て、中身を問えなかった我々にも責任がありますね。

明日、時間があれば「改善出来るポイント」も考えて見たいと思います。

一番いいのは、みんなが納得出来るメンバーを使って、ミスを責めない事なんですけど。(^^;
posted by Yama at 00:50| 熊本 | Comment(4) | TrackBack(0) | ロッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kimitaro氏>
ミスを責めるつもりは無かばってん、自分等が納得出来るメンバーでの試合の実現が…。
m(__‖)m
Posted by ツッタカ坊や at 2006年10月31日 21:51
>ツッタカ坊やさん
ミスを責めるって・・・監督、コーチがって事ですよ。
(^^;

今は「これで負けたら仕方ない」と思えるメンバーとは言えないですよね・・・(汗)
Posted by kimitaro at 2006年10月31日 22:22
つまらない戦術が一人歩きしすぎのような・・・
もっと県民が誇れるプレーを心から望みます。
Posted by ゆうひのパパ at 2006年11月01日 20:19
>ゆうひのパパさん

そうですね・・・戦術・・・無いとは言いませんが、非常にチープなものです。ここでも再三言ってますが「具体的」では無いのです。

一度3トップ対策の練習みたいなものをやってたのですが、ただサブ組を3人前に置いているだけでした。

本来ならその3トップに、スカウティングにより発見した対戦相手の攻撃パターンや動きをやらせて、その上でDFに「このような場合はこうする」という・・・
そこまでやって初めて意味があると思うんですけど。

監督自身にその「概念」が無いために、相手チームの「やり方」がわからないのだと思います。

Posted by kimitaro at 2006年11月02日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。