2006年10月30日

SC鳥取戦

行ってきました。

今回はほとんど眠れなくて、今日はダウン・・・

よって早めの更新やります。


ところで熊日さん。

甘いよ。

これまでの内容でこの日の試合を見ていて、あんな書き方しか出来ないなんて。

なんか「マスコミってこんなものか」と寂しくなりました。



はい。お知らせしていた(?)通り、今回は3−5−2の布陣。(汗)
ちょっと問題点の指摘はおいておいて・・・

とりあえず試合の様子をUPしましょうね。


会場はホーム側から一定の風が吹き、試合前には突風によるハプニングも・・・芝はまぁ普通。そんなピッチで行われました。相手はコイントスで風下を選択。「前半はしっかり守って、後半風上になってから勝負」そんなプランで臨んできたようです。

鳥取は中盤がフラットな4−4−2。積極的にプレスを掛けるというよりも、バランスを保ってゾーンを作り、入ってきたボールにしっかり対応しようというスタイル。サイドバックも大きく上がる事はしないで、早めにクロスを入れる・・・良く言えばプレミア系のサッカーという感じ。

その為、ロッソは比較的中盤で楽にボールを持つことが出来る。しかし、関が上がり目のポジションなのに対し、右の市村はベタ引きの状態。変則的なスタイルになってしまったのに加え、サイドで数的優位を作れず「崩す」というところまでなかなか持っていけない。

そんな中、熊谷が中の高い位置でボールを貰うと、やや左の前目にいた福嶋へパス。自らワンツーを貰いに前へ出るとこのワンツーが決まる。熊谷は目の前のDFをかわしてシュート。これが決まって先制点を上げることに成功した。

これまで再三苦言を呈してきた「ボランチがFWを追い越す動き」が出来た。これを常に一試合で5,6回でもチャレンジ出来ればいいのだけど・・・

これ以降の前半は五分五分の状況。相手は人数を掛けずに、FW同士のコンビネーションでチャンスを作ろうとするが、精度に欠ける。
ロッソは中盤でパスを回しながら、いつものようにそこからの崩す形が「サイドからのクロス、後方からの放り込み」しか無い為にチャンスを作れない。

そして後半。

鳥取は「待ってました」言わんばかり。明らかに後半開始から攻撃陣の元気が良い。風上になり早い時間帯に追いつこうと積極的に同点ゴールを狙ってくる。

その為前半と違い、前からでも積極的にボールを追い回す。ロッソはバックパスの連続から、最後は前線に放り込むだけというこれまたいつもの悪い状況。

こうなる伏線として、鈴木勝の存在を挙げたい。彼はDFからのパスを「待って、貰う」為、相手の選手にパスを受けるトラップした瞬間を狙われていた。「高い位置で奪うなら7番から」とでも言わんが状況。勝さん自身の動きは悪くなかったと思うが・・・
それからこの試合、とにかく相手のFWにパスが簡単に通る事が多かった。
その為、ボランチとDFの間のスペースで前を向かせるシーンが多々あり、それ故に少ない人数でも「ヒヤリ」とする場面が多かった事も付け加える。
インターセプトの意識が足りない・・・

相手のFWはこうして高い位置でボールを奪うと、もう一人のFWもしくは飛び出してきたMFとのワンツーで崩しに掛かるのである。
そのパターンでパスを受けたFWが一瞬のアイデアある動きで、朝比奈の裏を取った。そこでもつれるように倒れたのがPK献上となる。

この1点に気を良くした鳥取は攻勢に出る。そしてゴールからはまだ距離のある左サイドからのFKの場面。
ロッソの場合、こうしたところで「ゴール前に飛び込む」という形を取るが、この時の鳥取は違った。ペナルティエリアのずいぶん手前でDFラインとオフサイドラインの駆け引きだけを行い、前線に3人だけがライン上に位置取り。そこから出されたボールはゴール正面、ペナルテイエリアのライン上くらいだっただろうか。「風上」「キーパーの前には自由に動けるスペース」これを利用して、明らかにGKの頭上を狙うヘッドで勝ち越した。

「なるほど〜」敵を褒めるのもなんだが、良く考えられたファインゴールだった。

それからロッソは・・・劣勢の時のお約束。システム変更を行う。PKを与えた事に対する腹いせなのか朝比奈がアウト。関、森川、矢野、市村というDFラインに・・・このセンターバック2人は非常に怖かった。矢野は朝比奈と比べると「前で奪う」事をしない為に、相手にボールを持たれてしまう。その相方である森川は相手の「飛び出し」を見逃す、あるいは付いていけない事が多い為、FW2人のワンツーだけで崩されるのである。
後半途中で相手のFWが足をつっていなければ間違いなく失点していたであろうシーンが2、3度あった事も付け加えておこう。

相手のパスを簡単に通すボランチと、ワンツーに対応できないセンターバック。

こんな状況では両サイドの二人も高い位置でプレーする事は難しい。

それから高橋の投入になり・・・相手の運動量がガクンと落ちてきた時間帯になるとパワープレーというか・・・後方からの放り込みの連続。
せっかく相手が走れない状況なのに、中盤で振り回して崩す事が無いから、相手も「ベタ引きでOK」という状況を自ら招く事になる。

そして、今日の一番の問題点。鈴木祐IN、鈴木勝OUTのシーン。

「祐輔入れてどうする気だ?」と思ってみていると、なんと入った鈴木祐がTOP下に入り、斉藤がボランチへ。

      高橋 町田 福嶋

         鈴木祐

       斉藤  熊谷
    関          市村
       森川  矢野

こんな布陣に。(汗)

いいたい事はわかるんですよ。放り込む時間帯だから、競り合いに強い鈴木祐を前において置きたかったんでしょう。

ただし。

こんな事は練習で「一度も」やってません。いや、1,2回やったからといってやっていいものでもありません。見ていて、監督のテンパリ具合が見事に伝わってきました。


それでもセットプレーの時のようなゴール前の混戦、プレーが切れなかったことが幸いし、明らかに長かったロスタイム、町田が押し込んで同点。

そして試合終了を告げるホイッスル。

2−2の引き分けで終わった・・・


この試合についての見解はまた後ほど。
posted by Yama at 15:03| 熊本 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。