2006年09月20日

続きです。

こんばんみ。(古っ)

さてさて、今日はカマタマの後半です。

また長くなりそうで怖い・・・(笑)




昨日は前半の目に付いた部分をお話しました。

後半ですが・・・まずは左サイドバックの位置に佐藤が入りました。この時のアウトは関。ってなワケで・・・


    高橋    福嶋
       斉藤
   山口      熊谷
       森川    
  佐藤 福王  矢野 市村
       太


・・・これをなんで、佐川東京の前からやらないのかと小一時間・・・

とにもかくにも、私が佐川、HONDA対策にお薦めした4−3−1−2(4−4−2中盤ダイヤモンド)がこんな所でお目見えしました。(汗)

私としては以前から、「森川使うのなら右かこの位置」と言っていた事を読者の方ならわかって頂けると思うのですが・・・

前半の森川は相変わらず、パスを通せなくてグダグダでしたが、後半この位置になってからは見違えるように良くなりました。なんといっても「前を追い越す動き」が随所に見られ、相手のマークが混乱するのを見れただけでも嬉しかったのですが、「今までの試合はやっぱり守備的な指示が・・・」と複雑な心境も。
森川のこの位置での動きは本当に良かったですよ。
あえて注文をつけるなら、自陣のサイドをえぐられた時、相手の飛び出してくる選手をしっかり追いかけてマークしていなければいけません。
ここで棒立ちになって、FWをフリーにしてしまい、危ないシーンが2,3度ありました。ここさえ修正出来れば、後はパスセンスと正確性だけ。(笑)


今までの試合を見てれば、わかる人にはおわかりだと思いますけど、布陣を変える事で、普通ならそれに応じたカバーリングの動きだったり、攻め上がる時の決まり事があるのですが、うちの場合これが見られないんですよね。

だからキックオフ時のポジションがそのまま前に行ったり、後ろに行ったり・・・そうするだけになるから、相手にきっちり詰められてて、パスコースが無くなります。だから攻撃時は縦にボールを蹴り出す事が多くなる。
人は全くと言っていいほど動かないから、たまに飛び出す選手が居ても、そこに別の選手と入れ替わるだけ。何度も言いますが、これは連携とは言いません。そして相手の守備を崩すなんて無理です。

結局、相手の守備を崩すのにサイドからのクロス、もしくはFWの個人技頼みになっているわけです。


この布陣の良い所は山口や熊さんが前を向いてボールを持った時、サイドバックと共に中から森川が上がる事で、パスの選択肢がとても増えるって事なんです。縦にパス&ゴーの連鎖を作りやすいって事ですね。
更に4バックの相手に対しても、サイドで数的不利にはなりにくいので、相手のボランチは左、中、右と振り回される事になります。


ちなみに今年こそW杯の影響からか当てはまらないものの、去年は4バック:3バックの割合がJ1で2:8であり、J2では8:2となるという面白いデータがあります。

これが意味するところは、「3バックはDFが難しい」「4バックは組織的な守りを作りやすい」という事なのでしょう。
つまり個人の技術レベルが高くなればなるほど、サイドのリスクよりも中盤を一枚増やして、制圧する事が重要になるって事ですね。
「高い位置でボールを奪って、速攻」というスタイルが3バックのカギである以上、90分、前からプレッシャーを掛けられる選手が居ることが大前提というわけです。

J2のレベルでは、そういった高度な守備よりも、出来るだけリスクを減らす(スペースを埋める守り方)事で攻撃の失敗に備えやすい4バックが重視されるのでしょう。


少し(大きく?)話が逸れましたが・・・

うちを見てみましょう。
3バックでありながら、中盤を省略した縦へのロングボールを多用し、前からのプレスを放棄するかのような、引き気味のボランチとDF・・・

これがいかに理不尽で、矛盾する事かわかっていただけるでしょうか?

おっと、やっぱり大きく逸れてます(笑)


では続きを。(汗)

後半はこの3ボランチと言って良い布陣が良く機能しました。近くに選手が居るから、パスコースの選択に困りにくい。これが中盤での「タメ」の役割を果たすから、サイドバックが自然と上がってこれる。

いつもこれを見ていたいものです。

そして個人的に待望の宮崎IN。
これから指示があったのかわかりませんが、宮崎は若干前目のポジションに居る事で、実質4−4−2ボックスの布陣に戻りました。

宮崎は、動き自体は今一つ。期待の大きさ故でしょうが・・・
それでも、個人技によるキープの上手さと、サイドからのクロスが非常に良かった。中に居るFWに合わせるのではなく、GKとDFラインの間を狙った速くて低いボールですから、非常に相手にとっては「恐い」クロスだったと思います。
こういうボールが来る事を高橋、福島が理解すればチャンスは限りなく増えそう。ちゃんと見ててくれてたのなら、これからも出番は増えてイイ選手です。

闘志が表に出て来ないのが、今の監督だと・・・(独り言)

右からゴール前に展開されたボールを切り返してシュートを防がれた関。しっかりゴール前に走り込んで得点を決めた宮崎。私の中ではこの差は大きいと感じました。


そして大瀬良もIN。

やはりパスセンスでは十分にレギュラークラス。残念なのはやはりパス&ゴーの意識の足りなさ。「自分が次にどういうプレーをする為に、今のパスを出したのか?」という意識が感じられないので、一歩の出足が鈍ります。
高い位置でボールを奪ってそのままドリブルで相手DFを交わして、GKと1対1!
なんて場面も残念ながら、GKに2度止められて実らず。これを決めてりゃ監督の評価も相当上がった事でしょう・・・惜しかった・・・


後半通じて気になった点ですが、特に高橋。
自分がシュートにいける場面でスルーしたり、余計なパスを選択したり。
「福嶋にハットさせてやろうとしたのか?」と勘ぐるくらいの緩慢なプレーが残念でした。

市村は本当に伸びたと思います。技術的な事より意識の変化でしょうか?
以前のような「軽い」プレーが減って、文句の付けようが無くなりました。
今、一番Jに近いのはこの選手かもしれません。


とりあえず、安心して見ていてイイ試合だったのですが、再び愚痴に戻るならば、何故に佐藤は左サイドバックなんでしょう?監督は本当に「選手の適性」を考えてるのか?本当に疑問です。森川の使い方といい、理不尽な布陣といい・・・「使いたい選手を適当に当てはめている」としか思えないんですが。
スピードで言えば、遠藤や大瀧、テクニックとセンスで言えば鈴木祐の方が、このポジションに限れば上でしょうに。テスト?これで何のテストになるのでしょう???

それから鎌田、河野、米山、のオフェンス陣。練習見てても、かなりイイ動きしてます。新戦力の発掘という意味で仕方ないにしても・・・



「ボールを止めるという基本が出来ていない・・・」

そりゃ練習で「動きながら」「取りにくい」「速くて強い」パスをトラップする練習なんてやってませんからね。
決まった位置に出てくる受けやすいパスを貰う練習なんて、実戦では何の役にも立たないって事を学んで欲しいものです。



HONDA戦以来、厳しい管理人でした。(笑)
posted by Yama at 01:43| 熊本 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ロッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。いつもながらの辛口レポート、同感同感!と頷きながら拝見してます。
もっと強くなって欲しい!の一念で、時々練習やら覗きに行ってますが、深く見てない、見れてない....

先日のHONDA戦に動員した家族、よかったー!と言ってもらった。(なんだか我が子が誉められた気分でした)また、頑張ろう!!
Posted by shimo at 2006年09月20日 07:57
>shimoさん
初めまして。管理人のkimitaroです。

「もっと強くなって欲しい」のお言葉・・・とても賛同します。私の場合「もっとやれる」との思いが強いので辛口になりますが。(笑)

誘った人に喜んでもらえると嬉しいですよね。
「我が子が褒められたような・・・」
あははは。なんだかその気持ちもわかる気がします。(笑)
Posted by kimitaro at 2006年09月20日 12:03
カマタマ戦では多少の改善?は見られたようで安心です。「選手を追い越す動き」が見られたようで何よりです^^

宮崎選手は私個人としても注目の選手。MFならボランチも前目もできるし、何よりキープ力は魅力。中盤でタメて散らすというプレーもできるのでサイドの上がりを引き出すなど、「周りを活性化させる」選手ではないかと。

最近結果を出して調子を上げている選手もいるし、あとは戦術・采配などやり方次第ってことでしょうか。

とにかくJFL再開までに天皇杯で2戦いい戦いをして、いいチーム状態で流通経済大に臨みたいですね。
Posted by fuyu-t at 2006年09月20日 13:12
>fuyu-tさん
追い越す動き・・・これを普通に相手が強くても出来るかどうか?なんですよね。
またそれを実行出来るように考えるのが戦術なワケで・・・

とりあえず次も宮崎には期待します!(^^;

Posted by kimitaro at 2006年09月20日 21:42
初めましてです。私は関東在住の者ですが、鈴木祐がイチオシです。最近出場機会が少ない様な気がしてます。関東での試合を何試合か観ましたが、ロッソのディフェンスは中盤も含めて相当甘いと思います。無失点試合の少なさ、選手起用法の疑問もあるようですが、鈴木祐のようなフレッシュな若く有能な選手を起用すべきなのではと。負けるたびに、なぜ?なぜ?と選手起用に疑問を抱いているこのごろです。
Posted by koma_5 at 2006年09月20日 22:55
>koma_5さん
初めまして。管理人のkimitaroです。
祐輔の良さは充分理解してますよ。

私は。(笑)

彼は元々中盤の組み立て役だったのですが、駒沢の監督に戦術眼とコーチングを買われDFに転向した選手なんですね。
だから私は3バックをやるなら、真ん中で使うべき選手だと思っています。

選手起用(コンバート含む)については、疑問だらけなのは、過去からお読み頂ければわかって貰えるでしょう。

今まで、試合で使い続けていたら・・・

そう考えると悔しい気持ちでいっぱいです。

orz

Posted by kimitaro at 2006年09月20日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。