2006年06月05日

キッズサッカー?

↑ちゃんと書いたぞ!(笑)

日焼けした上に、頭がテンパなので、謎のブラジル人と間違えられそうな管理人です・・・


さて流通経済大との1戦はスコアレスドローでした。

では。まずは相手の流経大ですが、主力も何名か加わっていた事もあってなかなかの好チームでした。

以上!(短っ)

試合の方は、決定力不足で・・・まぁこんな日もあるさと切り替えるだけなんです。

けれどロッソなんですが・・・やっぱりというかなんというか・・・

だってね。11番さんもブログで言ってますけど、「ボールを奪って素早く攻める」って事と、ただのクリアまがいの前線放り込みを混同してしまってるんですよね。しかもこれは開幕前から!それがここまで全く修正されないのは何故だ?と。

FWに苦し紛れに出すのは仮に認めても、それをそのまま放置(FW頼り)して、中盤&DF押し上げやらなかったら、そりゃ〜簡単に相手ボールになりますわな。

戦術でもいろいろあって、「プレスを掛ける位置」ってのは相手の布陣や状況によっても変わります。ただ、それの基本的な「いつ?どこで?どのように?」って言うのが開幕前から全く見えないんですね。

例えばコメントを聞くと「前からのプレスが上手く掛からなかった」なんて言ってるわけです。じゃあ実践的なフォーメーション組んでケースbyケースの追い込む練習やる必要があるはずなのに、そんなの全く見ないわけです。

一般的なプレスの掛け方というのは、ボール保持者にプレッシャーを掛けてサイドに追い込む。→次のプレッシャーが縦へのパスコースを切る→中へのパスをカットもしくは、相手はバックパスに逃げる。

このような流れになります。

これを誰がやるのかで見てみるとFW→サイドMF→ボランチとなるわけですが、監督はこのボランチに何故か運動量の少ない選手を好んで使うのです。熊谷、鈴木勝、森川というのは全て「バランス型」の選手で、ここから二人を組み合わせて使うのは・・・何がしたいのかさっぱりわからんって事です。これでは上手く行くものもいかないのが当たり前なのは誰が見ても一目瞭然ですね。

選手が誰であれ、中盤をコンパクトに保つ事は今のサッカーには必要不可欠な要素です。その為にはボランチより後ろの選手の早い押上げが絶対になります。

それもこれも練習で何故やらないのでしょう???


とにかく見てて「矛盾」が多すぎます。
これまでのロッソのサッカーと言うのは、中盤から下がとにかく引いて、相手に(攻撃の為に)上がらせる。そうして出来た前方のスペースを使って、少ない人数でも攻撃になるようにしていた(なっていた)んですね。

だったら、まずシステムは4バックにするべきでしょう?
中盤省略型のサッカーなんですから。自陣のスペースを埋める事をまず考えるべき。そうなると3ボランチ気味の4−5−1、もしくは4−3−3等がふさわしいシステム、戦術のはず!
それから前の人間もスピード型の選手を使うべき、米山、福嶋は確かに技術レベルで言えばレギュラーでもおかしくないんですが、内林、濱田(怪我)、河野というスピード系の選手が全く使われなかったというのはどうにも納得出来ないところです。

このようにシステムと選手選考が「やってるサッカーと非常に矛盾している」というのが凄く不満なんですね。




まぁ、私はともかくですね。ちょっとサッカーを知ってる人間から見れば、???なんですよ。

(と、今日はグチだけで終わります。笑)
posted by Yama at 23:18| 熊本 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ロッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
kimitaroさん>
ナイスタイトル!
ナイス愚痴!(^^)b
お疲れ様どしたm(__)m!!(短っ)
Posted by ツッタカ坊や at 2006年06月06日 21:39
>ツッタカさん
ナイス愚痴ってなんやねん!(笑)

やっぱりロッソにはおいしいお酒飲ませて欲しいですね。
(と酔っ払いの管理人が申しております:笑)

Posted by kimitaro at 2006年06月06日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。