2006年05月31日

またまた説教?

ちょっとブログを更新しないと「kimitaro5日酔いか!?」等とろくな噂の立たない管理人です・・・(汗)

では久々の更新。



今日はサポーターについての私見です。(^^;

時々偉そうに物申す管理人ですが・・・今日は隊長を少し褒めてあげたいなと。その上で「人の立場で考える事の難しさ」みたいなことも考えてもらえたらなぁと思います。

いきなりなんですが。


「もし今、ロッソ熊本を潰して、名前もチームカラーもスタッフも選手も・・・全く違うチームを応援しろと言われて素直に出来るか?」


という話。

まぁほとんどの人は抵抗感じると思います。
その新しいチームが出来て、そのサポーターになりたいって人が多数現れたら・・・その時にみなさんは新しく入って来た人に「ロッソも新チームも関係ない」って言えるでしょうか?

そう考えると、当時の隊長がいかに「自分の思い」を抑えていたか。理解してもらえませんか?
「下にアルエのユニ着てる」「アルデラスの名前にこだわり過ぎ」だとか、言われる事の辛さや、やり切れなさ。
皆さんが新チームが出来てから沸いてきた(失礼:笑)人間に「今さらロッソ、ロッソってうるさいんだよ」とか言われて来たようなものです。(笑)

それをグッと耐えて、みんながサッカーを好きになり、一人でも多くの賛同者を募る事。熊本のサッカーを支える事を第一に考えてくれたから、今のアルデラスがあると思うんです。

私はそうした思いを理解し、それでも熊本の為にどうするべきか?
って所で考え、行動してくれる彼に共感し応援してきたつもりです。

って私の事はどうでもいいんですけどね。(^^;
彼の事、見直してくれました?(笑)

要は皆さんもそろそろ当時の隊長の気持ちが、真の意味でわかってもらえる時期なんじゃないかって思うんです。

チームを愛し、応援する。そして勝利を共に喜び、負けを共に悲しむ。
そのような事の積み重ねは本人にも想像がつかないくらいの強い「思い入れ」や「愛着」になるって事ですね。

振り返ってみれば・・・
あちこちの掲示板なんかで、「アルエット」の事を持ち出す人間を苦々しく見ていた記憶があるでしょう?
あれだって、上に書いたような事が現実に起こったとしたら・・・今見かけてもそれほど頭にも来ない。むしろ「うんうん、つらいね」って思えるんじゃないかって事です。

こうしてみると・・・相手の立場でモノを考えるって、簡単なようで凄く難しい事ですよね。

「自分は今まで誰よりもロッソを応援してきた!」

これは個人的な「思い入れ」なんですね。だからロッソにそれほど「愛着」の無い人間には「だから何?」で終わってしまう話だという事。何故か「驕り」と取られてしまうのです。
つまり自分の中でチームやサポーターに対する「思い入れ」や「愛着」が強くなればなるほど、そういう気持ちは見せない努力が必要になるって事です。


「アルデラスと共に応援し、戦ってくれる人はみんなアルデラスだ」


この言葉がどれだけ深いか。簡単に言えるセリフでは無いって事・・・思い入れの強い人ほどわかって頂けるんではないでしょうか?

まぁ今回はこんな感じで。(どんな感じだ)読んで頂いた方には、何か感じ取ってもらえたら幸いです。

えっ?

HONDA戦の話は無いのかって?

それは次の試合を見て判断します。(暗に怒りを表したつもり:笑)
posted by Yama at 02:18| 熊本 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | ロッソ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の私には非常に考えさせる内容で(^_^;)
しかしロッソを応援し始めた丁度1年前を思い出します。何も解らない中で旗1本を持って行った水前寺のホーム開幕、あの時M村さんに声かけてもらえなかったら、多分ジ○ー君や管理人さんと軽く挨拶して終わってたかとおもいますから(笑)今じゃ言いたいこと言わせてもらって(^_^;)
話は反れましたが
あの頃の自分のアルデラスに対する気持ちは今のアルデラスに対する気持ちと180度違ったかもしれません。改めて自分のあり方を考える時期にきてるかなあ〜と思いましたね。
隊長の御苦労は私なりに見てきたかと。今は彼にそしてアルデラスのメンバーに感謝の気持ちです。
すみません長々とそれも的外れなコメントで。
m(_ _)m
Posted by chevy at 2006年05月31日 10:41
Kyuリーグのホーム開幕戦やった水前寺の試合、そん時の自分は酔っ払いフーリガンでした…。

ばってんそぎゃん馬さんや自分を煙たがりもせんと、一緒に応援して試合が終わった時の『有り難う!』の一言は今でも忘れられんです。

あの一言が無かったら、今だにフーリガンだったこっでしょねぇ…。(-"-;)y-~~~
Posted by ツッタカ坊や at 2006年06月01日 00:11
御意。
あのひとはすごいです。
(ぜんぜん外見はそんな風に見えないんですが…失礼!)
Posted by なろ吉 at 2006年06月01日 00:12
反応して頂けただけでもありがたく思います。

自分で言うのもなんですが、1年前ならこうした記事に対しても反応あったんですけどね。それが無くなるという「変化」それこそがみんなの中の気持ちの変化という事なんです。

初心忘れるべからず。

だけど、それが難しいって話をしたかったんです。こういう事をみんながお互いに改善していけるといいですね。

shevyさんがM村さんに感謝してるように、shevyさんに声を掛けてもらって感謝してる人が居ると思いますよ。(^^)
Posted by kimitaro at 2006年06月01日 00:19
すみません。書いてる間にコメント頂いたようで・・・(^^;
上のはshevyさんへのレスです。

>ツッタカ坊やさん
こちらこそありがとう。
そうやって、感謝の気持ちを持って頂けてるとわかって、それを改めて言葉にしてもらえると、みんなも嬉しいし、そんな仲間を持てて誇らしい気持ちさえ持てると思いますよ。これをずっと続けて行けたらいいですね・・・

とりあえずフーリガンは無いようで安心(笑)

>なろ吉さん
いえ、そんなに凄くありません(笑)

彼はリーダーという地位に居ながら、人の意見を大事にしてくれます。なかなか出来ない事ですが、それが出来るという点で素直に賞賛と感謝する次第です。

あまり褒めると調子に乗りますのでこの辺で(笑)
Posted by kimitaro at 2006年06月01日 00:35
管理人様・・・因みにsyevyではなくchevyですのであしからず(笑)
コメントは朝から入れてのですが、携帯にしか反応してなかったと言う事実はありませんか?会社のPCでは何度更新してもずーっとコメント0でしたよん。
Posted by chevy at 2006年06月01日 00:53
隊長に初めてメールをした時の事ですが、内容としては「自分は偏見をもっていたが・・・」というものでその返信に「あなたは大事な仲間の一人ですよ」と言葉を頂きました。その言葉があったからこそ今も自分がそこに居ます。疑問に思った事メールしても{今思えばとげのある様にも思われる文}にもスルーする事無く丁寧に返信して頂きました。 先頭に立つ姿も活字よりもその姿勢で見せてくれます。誹謗聴衆(字間違ってるかも?)にも苦労されながらも我慢し時には修正しより良い方向へと皆でと今後の為に日々努力されてます。 それで自分はどうか?知らず知らずの内に驕りが出ているのかもしれません。視野が狭くなっているのかもしれません。去年隊長のブログかBBSで「サポーターにキャリアは関係ない驕り無く誇りは大事に」という言葉がありましたが、そういう気持ちがそこにあるから「初心忘れず」に改めてですね!
折角の機会なのでコメントしてみました。自分の気持ちの中にあれば良いかと思いもしてましたがね〜    ハズカシ
Posted by shin at 2006年06月01日 11:36
↑誹謗中傷の間違いでした〜ハズカシ
Posted by shin at 2006年06月01日 17:06
>chevyさん
シーサーは再構築の問題で、正確に反映されない事があるようです。失礼しました(^^;

>shinさん
コメントありがとうございました。
隊長がやって来た事で今のアルデラスがあるんだったら、みんながそうすれば今の何十倍にもなるって事ですからね。

とりあえずまた飲みますか?(笑)
Posted by kimitaro at 2006年06月01日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。